哀愁ロックバンド ジャパハリネット

2007年に一度解散してしまいましたが近年有難いことに復活してくれました。ジャパハリネットの良さと言えばやはり詞が良いことなのかなと思ってます。

当時青春パンクが流行っていた時で代表的なバンドだと、スタンスパンクスやロードオブメジャーなどが流行っていました。雑誌でも青春パンクの特集や、その付録にコンピレーションアルバムが付いてくるような時代でした。自分はそのコンピレーションアルバムを聴くのが好きでよく購入しておりました

その中にジャパハリネットが入っていてそこで初めて聴きました。割と飽きっぽい性格ですのであんまり聴き続ける事はないのですがジャパハリネットに関しては違いました。というより最初聞いた時衝撃を受けた感じでした

独特なボーカルの声 不思議な歌詞

引き込まれた理由としてはなんといっても独特なボーカルの声でした。 当時流行っていたバンドはどちらかというと叫ぶといった印象でしたが(もちろんそれも好きでしたけど)ジャパハリネットはそうではなくて鮮やかな声で歌い切るような感じで非常に心を打たれました。

聞いていて邪魔にならないというかずっと聞いていても疲れないという感じです。だから聞きたくて流している時もあればなんとなく流している時もあります。それとなんといっても引き込まれた最大の理由は歌詞ですね。自分の思いをがたくさんあり、少し大げさだとは思いますが自分の考え方を変えさせられるくらいの影響力がありました。

だから聞くたびにこういう事なのかな?とか、そーゆー意味か! とか、いまでも考えてしまう事があるほどです。いまも聞く事がありますが、その時によって違った印象を受けるといった不思議なバンドです。

代表曲 (個人的な)

物憂げ世情
サビは「はにかんで心から笑える事ができるなら」といった明るい感じですが途中には「沈んでゆくものたくさんありすぎてすべてが嫌にもなってしまう時、人間なんてもろいもので、少しのことですぐダメにもなる」といった歌詞があります。すごく考えてしまいました。これを明るいメロディに乗せて歌う所にすごさを感じてしまいます。

遥かなる日々
ジャパハリネットにしてはストレートなイメージの曲ですが勇気をもらえる曲です。「こんなにも素晴らしい日々の中で」って聞くとそうだよなって思ってしまいます。

ジャパハリネットはなんか聞いてスカッとするよりはなんか寄り添ってもらえる感じが するので長らく聞いていられるのかもしれません。自分の中では一番好きなアーティストです。 ぜひ聞いてみて下さい。